原田歯科クリニックでは、
電解中性機能水システムを導入しています。
除菌されたお水を使用しているので安心で安全な歯科治療がうけられます。

15253397_1039447709497510_6324817464571734694_n歯科治療には「水」が欠かせません。

患者さんがユニット(診療台)でうがいをする水に始まり、歯の切削の時に使うタービンからの注水、クリーニング時のシリンジからの注水に加えて医療スタッフの手洗い、そして器具洗浄など、様々な場面で水が使われています。
 
歯科医院のユニット(診療台)で使う水には、1ml あたり10万~100万個という細菌が含まれているといわれています。
 
お風呂の残り湯に含まれる細菌は1ml あたり1,000~100万個といわれていますが、それを考えるといかに多いかがわかるでしょう。
 
12240132_783656655076618_1340054749762244370_n
治療中の口の中は、傷があるなどデリケートな状態になっています。
このように多量の細菌が含まれた水を使って治療すると、傷口から細菌が入り込み、患者さまが院内感染する危険性が高くなってしまいます。
 
この一連の歯科治療に使用する全ての水を衛生的な状態に保つために特に消毒が困難な、タービンやうがい水に繋がる歯科ユニットのウォーターライン内を常に清潔に保つために「ポセイドンシステム」というシステムを当院では導入しております。

 
941246_371956442913310_291646700_nせっかくお口をきれいにしていただくために、お越しいただいているのですから、
治療する水だって『最高のもの』を使いたい。
そう思って導入したのがこのポセイドンです。
 
047-1治療の時も、医院がお休みの時も
常にデンタルユニット内を衛生的に保ってくれるので、
いつだって安心して治療を受けていただけます。